ジョン・レノンの殺害事件

 ビートルズ創設のメンバーの一人として非常に重要な地位を占めていたジョンレノンですが、1980年12月8日、米国・ニューヨーク市で、一人の男により射殺されてしまいました。当時住んでいた高級集合住宅街ダコタハウスの入り口でマーク・チャップマンという男に狙われてしまったのです。これはレノンの妻であるオノ・ヨーコは丁度プランドスタジオでレコードを終え帰宅したころのことでした。

 レノンはすぐに市内のルーズヴェルト病院に搬送されましたが、到着するやいなや死亡が宣告されました。40歳でした。病院で発表された声明によると、この重傷を負った後で数分以上生存する事は、誰にとっても不可能だと述べられておりました。地元のニュース局がレノンの死を報道するとすぐに、病院とダコタ・ハウスの前に群衆が集まり始ました。レノンは1980年12月10日、ニューヨーク州ウエストチェスター郡のファーンクリフ墓地で火葬され、遺灰はオノに渡されましたが、彼女はレノンの葬儀は執り行わないことを決めました。

事件当日

 1980年12月8日写真家のアニー・リーボヴィッツが、雑誌『ローリング・ストーン』のための写真撮影を行うため、レノンの自宅を訪れました。リーボヴィッツは当初、レノンのみを撮影しようとしていました。リーボヴィッツは、「オノの写真が表紙に載ることを誰も望んでいなかった」と述べています。しかし、レノンが自分と妻が共に表紙に載ることを強く主張したため、リーボヴィッツはオノと一緒の写真が雑誌の表紙を飾ることを約束しました。撮影が終わった午後3:30にリーボヴィッツはダコタ・ハウスを出て、この写真撮影の後、レノンはRKOラジオ・ネットワークの音楽番組で放送される予定の、サンフランシスコのDJ、デーヴ・ショリンによるインタビューに応じました。そして、これが彼の最後のインタビューとなってました。午後5:40、迎えのリムジンが遅れて到着し、レノンとオノは『Walking on Thin Ice』(レノンがリード・ギターを担当したオノの曲)のミキシング作業を行うため レコード・プラント・スタジオに向かっていました。レノンとオノがRKOラジオ・ネットワークのスタッフと共にリムジンに向かう中途、サインを求めるファンが数名近づいてきました。その中の1人にマーク・デイヴィッド・チャップマンがいました。この頃、ダコタ・ハウスの外でファンがレノンを待ち構えてサインをねだるのはよくあることでした。ハワイのホノルルから来た25歳の警備員チャップマンは、その年の10月(アルバム『ダブル・ファンタジー』のリリースよりも前)にもレノンを殺害するためニューヨークを訪れていたのですが、その時は心変わりして帰郷していました。チャップマンがレノンに『ダブル・ファンタジー』を無言で手渡し、レノンがそれにサインしました。アルバムにサインし終えたレノンが「君がほしいのはこれだけかい?」と尋ねると、チャップマンは笑顔で頷きました。写真家でレノンのファンであるポール・ゴレシュ(Paul Goresh)は、この遭遇の瞬間を写真に収めています。 チャップマンは、その日の午前中からダコタ・ハウスの外でレノンを待ち構えていて、午後にはベビーシッターのヘレン・シーマン(Helen Seaman)と共に帰宅したところのレノンの息子ショーン(当時5歳)にも遭遇しています。チャップマンによれば、彼はショーンの手を、ちょっとの間触ったといいます。

 レノン夫妻は午後10:50頃ダコタ・ハウスに戻るまで、数時間をレコード・プラント・スタジオで過ごしました。レノンは夕食を外で取るのを取りやめ、息子におやすみの挨拶をするために一旦ダコタ・ハウスに戻ってから、オノと共に近くのレストランステージ・デリ向かうことにしました。レノンは自分に会うために長い時間待つファンに対しては、誰ににおいてもサインや写真撮影に応じていました。レノンは、1980年12月6日の BBCラジオ1でのインタビューで、DJのアンディー・ピーブルズにに対し、「みんなやって来てはサインをねだったり、'ハイ'と挨拶するだけで、困るようなことをする訳じゃない」と話しています。その為、レノン夫妻はダコタ・ハウスのより安全な中庭でリムジンを停車させる代わりに、手前の72丁目で車を降りました。

殺害

 ダコタ・ハウスのドアマンで元CIAのエージェントであったホセ・サンヘニス・ペルドモと付近にいたタクシー運転手は、チャップマンが歩道上で、玄関アーチの陰にひそんで立っているのを目撃しています。レノンはチャップマンの前を通り過ぎる際、チャップマンを一瞥し、先に会ったこと思い出していたようだったといいます。その数秒後、チャップマンはチャーター・アームズ社製の.38スペシャル弾用回転式拳銃でレノンの背中の中央に狙いを定め、 ホロー点弾を5発、およそ3m離れたところから立て続けに発射しました。その夜にニューヨーク市警察が出した声明や、様々なメディアの報道によれば、チャップマンは発砲する前に大声で「レノンさん」と呼びかけてから、銃をコンバット・スタイルで構えたそうです。後に開かれた公判での聴取や目撃者へのインタビューには、「レノンさん」という呼びかけや、コンバット・スタイルに関しての言及はありません。チャップマン自身は、発砲前にレノンの名前を呼んだか覚えていないと述べていますが、1992年にバーバラ・ウォルターズから受けたインタビューでは、コンバット・スタイルを取った事は認めています。1発目の銃弾は命中せずにレノンの頭部のそばをかすめてダコタ・ハウスの窓に当たった。続く2発の銃弾はレノンの背中左側に命中し、その後の2発がレノンの左肩を貫通しました。レノンは銃傷と口からおびただしく出血し、「撃たれた、撃たれた」("I'm shot, I'm shot")と言いながらダコタ・ハウスの受付への階段をふらふらと5段登った。そこでレノンは床の上に崩れ落ち、持ち歩いていたカセット・テープが散乱しました。ダコタ・ハウスのコンシエルジュ、ジェイ・ヘーステングス(Jay Hastings)は、まず止血帯を作りはじめたが、複数の銃傷による苦痛をやわらげるためレノンの血染めのシャツを取り、すぐに自分の制服のジャケットをレノンの胸部に被せ、血の付いた眼鏡を外してから警察を呼んだ

外ではドアマンのペルドモが、チャップマンの手を揺さぶって銃を離させると、その銃を歩道の端へ蹴り飛ばしました。するとチャップマンはコートと帽子を取って警察の到着に備えた上で(武器を隠し持っていないこと警察に示すため)、歩道に腰かけた。ペルドモが「自身が何をしたのか分かっているのか?」("Do you know what you've just done?")と大声で問いかけると、チャップマンは静かに「ええ、ジョン・レノンを撃ったんです」("Yes, I just shot John Lennon")と静かに答えた。現場に最初に到着した警官はスティーヴ・スパイロ(Steve Spiro)とピーター・カレン(Peter Cullen)で、ダコタ・ハウスでの発砲事件の通報を受けた時には、72丁目とブロードウェイ の辺りにいました。それからおよそ2分後に警官達が現場に到着すると、「とても静かに」歩道上に座っているチャップマンを見つけた。その時チャップマンは、銃を路上に放り出してJ・D・サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』のペーパーバックを持っていた、と警官達は報告しています。チャップマンは即座に手錠をかけられてパトカーの後部座席に押し込まれました。チャップマンは逃げようとしたり、逮捕に抵抗する様子が全くありませんでした。

 レノン殺害に関しては、世界中で深い悲しみに包まれました。オノの発言に起因して、葬儀は行われませんでした、代わりにセントラル・パークに集まり10分間の対しては世界中で、それまでにない程の規模で深い悲しみが噴出しました。レノンの遺体は1980年12月10日、ニューヨーク州ウエストチェスター郡のハーツデールにあるファーンクリフ墓地で火葬され、オノは、ダコタ・ハウスの外で祈りを捧げる群衆に、歌声により眠ることができないと訴え、彼らに翌日曜日にセントラル・パークに再び集まり、10分間黙とうするように依頼しました。1980 年12月14日、オノの呼びかけに応えた数百万の人々が世界中でレノンを追悼し、10分間の黙とうを捧げました。リヴァプールには3,000人が集まり、殺害現場のすぐ近くのニューヨークのセントラル・パークには、最大規模の225,000人より上が集まり、その10分間、ニューヨークの全てのラジオ局は放送を中断しました。また、少なくとも3人のビートルズ・ファンが後を追って自殺したため、オノは、レノンの死を悼む人々に対して、絶望に負けないよう広告を出して呼びかけました。またオノは1981年になって、ソロ・アルバム『シーズン・オブ・グラス』を発表しました。アルバムのカヴァーにはレノンの血まみれの眼鏡の写真が使われました。同じ年には、シングル『 Walking on Thin Ice』を発表した(レノンは殺害の数時間前まで、レコード・プラント・スタジオでオノとこの楽曲のセッションを実行していた)。チャップマンは、精神疾患の申し立てを行おうとした弁護士の助言に反し、レノンの殺害について1981年に有罪の申し立てを行った。彼の有罪申し立てが考慮され、チャップマンは懲役20年を宣告され、刑期満了後の2000年には、自動的に仮釈放の資格が与えられることなっておりました。しかし、チャップマンは2014年現在、仮釈放申請が8回却下され、現在もウェンデ刑務所に服役中だそうです。これに関しては熱狂的なファンに殺されてしまう為とも、オノ・ヨーコが未だに犯人を危険視している為とも言われています。

殺害に使われた銃弾について

 ホローポイント弾とは先端内部が空になっている形状の弾丸で、目標に着弾した時に暖冬が潰れ、平坦な形になる弾丸となっています。これらは主に対人や対動物用の弾丸となっていて、非常に殺傷力が高くなっています。特に通常の弾丸と違い、柔らかい材質の物を用いているため、着弾時の変形によって体からは貫通せずに体内で跳ねまわる性質をもっています。非常に衝撃が伝わりやすい弾丸で殺傷力が高いです。そのことから現在では国際法により禁止されている弾丸で、一部の警察機関をのぞいてはその使用が禁止されております。

ビートルズとそれからの音楽について